モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% 高品質 レギンスパンツ 2021人気新作 ベージュ

モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% レギンスパンツ(ベージュ)

モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% レギンスパンツ 2021人気新作 ベージュ 17523円 モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% レギンスパンツ(ベージュ) インナー・下着・ナイトウェア レディース 靴下・レッグウェア スパッツ・レギンス モンゴルから届くカシミヤニット,17523円,レギンスパンツ(ベージュ),インナー・下着・ナイトウェア , レディース , 靴下・レッグウェア , スパッツ・レギンス,カシミヤ100%,/frilling1714754.html,adanda.jp 17523円 モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% レギンスパンツ(ベージュ) インナー・下着・ナイトウェア レディース 靴下・レッグウェア スパッツ・レギンス モンゴルから届くカシミヤニット,17523円,レギンスパンツ(ベージュ),インナー・下着・ナイトウェア , レディース , 靴下・レッグウェア , スパッツ・レギンス,カシミヤ100%,/frilling1714754.html,adanda.jp モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% レギンスパンツ 2021人気新作 ベージュ

17523円

モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% レギンスパンツ(ベージュ)






商品について

カシミヤ100%で肌ざわり抜群のニットレギンスです。
ウエストと足首部分はリブ仕様。
強度を保つため、パーツをわけて縫い合わてあります。
こちらの製品の色は染色していません。
カシミヤ山羊、本来の色を生かして製作しているので、カシミヤ本来のふんわり とした柔らかな風合いを保っています。

カシミヤの毛は、上品な光沢感と独特なヌメリ感が特徴で、「繊維の宝石」「繊維のダイヤモンド」と呼ばれ、繊度が細く、柔軟で保温性、吸湿性に富んでいます。
この製品は、モンゴルで遊牧、製作された100%のカシミヤを使用しています。
●カシミヤとは
「カシミヤ」はカシミヤ山羊の産毛のことで、カシミヤ山羊は高地の厳しい寒さや乾燥した気候にも耐える剛毛(刺毛)で覆われており、 その下に非常に細かくて柔らかい産毛が密集しています。
この柔らかい産毛を「カシミヤ」と呼んでいます。
●カシミヤニットの生産者
このカシミヤは、放牧地の周辺に工場、鉱山、畑が無く、カシミヤ山羊が工場の排気や不純物、農薬などの影響を受けにくい環境で育てられています。
モンゴルでは遊牧民の年への定住化が進んでいますが、このカシミヤの原毛を届けてくれる遊牧民は、カシミヤ山羊を放牧することが安定した仕事となり、収入を得て遊牧生活を続けています。
サイズ(cm)
ウエスト64-84 股上前28 股上後30 股下65
製品仕様
・素材/カシミヤ100%
・生産国/モンゴル

モンゴルから届くカシミヤニット カシミヤ100% レギンスパンツ(ベージュ)

人気ブログランキング | 話題のタグを見る
お久しぶりでございます。
あまりにも長期間ほったらかしのブログ。
でも、なんとか娘共々元気でやっております。
昨年末にノルマンディーからパリ郊外へお引っ越ししました。
1月末から日本に帰って少しシャバの空気を吸ってリフレッシュしたところで、きのうからまたフランス生活を再開。
9月から始まる娘のフランスの幼稚園への申し込みも無事に完了。
まだ懲りずにフランスで暮らすのかよ!!と自分でも思う(笑)
できる範囲で、できるところまで頑張ってみるつもりです♪



バカンス話が続かないというツッコミはないことにして、、
雨の日曜日、ポンピドゥ・センターへ行ってきました。
娘はこれが美術館デビュー。
私もポンピドゥは初めて。(どうも現代美術っていうのが難しそうな気がしていて、、)
ポンピドゥ・センターの長いエスカレーターでははしゃいでいたものの、案の定美術館に入った瞬間から愚図る。
2歳児にとっては「さわってはダメ」っていうのが、拷問にも等しい苦しみらしい(笑)
それでも、自由に絵をかけるコーナーとか
他の子どもたちが作った展示は楽しかったみたい。(触ってもOKだから、、、)
結局、お昼の時間がきてしまい、後ろ髪ひかれる思いで美術館をあとにしました。
娘も少しずつ興味を持っていってくれると嬉しいなー

7月末から2週間ほど義弟が住むペイバスク(スペインとの国境沿い)でヴァカンスしてました。
本気でペイバスクに移住しちゃいたいと思うほど魅力がいっぱいの場所。
海も山も街の雰囲気も食べ物も全部いい!

8月も半ばを過ぎれば、ノルマンディーはもう秋の足音。

今日はジヴェルニーに。
ヤギや羊に葉っぱをあげたり、ちょっとなでたり。

一頭、脱出してきちゃったけど飼い主さんは「勝手にまた入るから気にしないで~」って。
柵の意味ない(笑)
こういうユルさがフランスの好きなところなのかもしれない、と思うフランス在住も5年目突入の夏。(語学の上達は今年もなし)
娘は元気に成長中。
体重もゆるやかに増加。抱っこが辛い。
たぶん背も大きくなってる。
一ヶ月ほど前におむつがとれました。
今年のフランスは暑い。
一度パンツを履かせたら、おむつの蒸し暑さに戻りたくなかったのか
「もっとパンツかって!」とせがまれまして、
かわいいのを買ってあげたら、一週間もしないうちにおむつが外れました。なんちゅーミラクル。
暑いのは苦手だけど、暑さに感謝。


言葉は日本語に関しては問題ないと思う。
毎朝、私が紅茶を飲むときに角砂糖をひとつ娘が入れてくれるんだけど、
今朝は「大きいお砂糖か小さいお砂糖かどっちがいい?」って聞いてくれた

フランス語は Oui(はい)Non(いいえ) Pardon(ごめんなさい) Qu'est ce qu'il dit?(彼はなんて言っているの?) qu'est ce qu'il fait?(彼はなにをしているの?)Porte moi(抱っこして) fais calin(ハグして) くらいしか言わないかも。
図鑑なんかを見ながらフランス語で言うと、指はさすから、わかってはいるはず、、、と思いたい。大汗

最近は親にとって厄介な「なんで?」も始まった。
「なんで空は青いの?」
「・・・」
難易度高め。

# by iromi-fr | 2015-08-18 06:49 | 育児