堀尾寛太ワークショップ
「音と光の変換実験」

2013年2月16日(土)
15:00 - 18:00
(※時間は目安になります。作業の進行などにより延長することもありますのでご了承下さい。)
講師:堀尾寛太
参加費:¥3,500 (材料費:¥1,200込)
定員:20人程度
申込:下記アドレスに、お名前、メールアドレス、希望人数をご記入の上、E-mailにてお申し込み下さい。
reserve(at)adanda.jp(atを@に代えて入力ください。)
(※2月9日募集締め切り)
※ハンダごて、ピンセット、ニッパーをご持参可能な方はその旨もご明記下さい。
※懐中電灯、キャンドルなどお好きな光源も是非お持ちください!
協力:FabLab Kitakagaya

アーティスト堀尾寛太さんを招いての電子工作ワークショップ。 音と光を相互に変換する光通信の機械を制作し、光源・音源を変化させ楽しみながらメディアアートの仕組みを学びます。 仕組みを学んだ後は、太陽電池をマイク代わりに繋いだアンプで音を拡散させながらの、光と音の参加型ライブとしてもお楽しみいただけるかと思います。 メディアアートに興味のある方・電子工作が好きな方・玄人素人・大人子ども問わず、皆様のご参加をお待ちしております。 ワークショップで制作した光通信機械はお持ち帰りいただけます。

<ワークショップ内容>
・音と光を交互に変換する機械の制作
・距離や受信機を変化させての実験
・様々な音源と光源を試して遊ぶ

堀尾寛太


電磁石・モーター・LEDなどによって作られた動きや光、音、磁力、それらを相互に変換するエレクトロニクスを組み合わせ、パフォーマンスやインスタレーション作品をつくり、国内外で発表している。 また電子デバイスのエンジニアとして、コマーシャルな展示・映像・プロトタイピングなどのプロジェクトに参加している。 東京在住。
http://kanta.but.jp/

堀尾寛太《スピード・スイッチング》2010
撮影:木奥恵三
写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
HORIO Kanta "Speed Switching" 2010
photo: KIOKU Keizo
photo courtesy: NTT InterCommunication Center [ICC]
堀尾寛太《直接観測》、ニュー千鳥橋ビル、2012
堀尾寛太