小出麻代



<作品紹介>

誰かの手によって作られ、既に存在していたもの。そこには必ず理由がある。
それらの文脈をこっそり入れ替える事によってできた本来の機能や意味をなくした抜け殻。 その抜け殻を繋ぎ合わせてつくる世界。 それは幼い頃、ビニールシートを部屋に見立てたり、葉や、土をご飯に見立てたりして、 夢中になって遊んだママゴト遊びの世界と繋がっているような気がします。 普段私達が見ている世界と、少しだけ離れたところ。
日常と非日常の間を行き来する事によって、 私達の周りに溢れている事物を再認識するきっかけになればと思っています。


<作家紹介>

小出 麻代 KOIDE Mayo

1983 大阪府生まれ

2007 京都精華大学芸術学部版画専攻卒業
2009 京都精華大学院博士前期課程芸術専攻修了

主な展覧会

2009
「Re: print」、室町アートコートギャラリー、京都
「mockumentary garden 小出麻代個展」、番画廊、大阪
「lunch time, show time」shin-bi、京都

2008
「全国大学版画展」町田市美術館、東京
「主張展」ARTISLONG、京都
「WORK IN PROGRESS」ARTISLONG、京都
京都精華大学院進級制作展、京都精華大学ギャラリーフロール

2007
「全国大学版画展」町田市美術館、東京
「ART.UNIV」元立誠小学校、京都
「ARTCAMP2007」ギャラリーヤマグチクンストバウ、大阪
「版の方法論」海岸通ギャラリーCASO、大阪
「テンカイする時間」shin-bi、京都
「KINOPRINT」平安画廊、京都
京都精華大学卒業制作展、京都市美術館

2006
「ART CAMP2006」ギャラリーヤマグチクンストバウ、大阪
「宅」同時代ギャラリー、京都

2005
「collect 小出麻代展」ギャラリーはねうさぎ、京都
「A PARTY」京都精華大学ギャラリーフロール

展示風景Lights,Camera,Action!!!!! - 展示風景はこちらよりご覧頂けます。