廣野 晶



<作品紹介>

「Ples」やわらかい粘土の板に水を噴射させて表面を削り、噴射によってできた突起や凸凹を上から押さえ、焼成した陶芸作品を展示します。
水で深く削れた部分と、ぼんやりと表れる平面的な部分が、粘土の表面に広がっています。
晴れた夜空に浮かぶ雲のようにも、荒れた地面のようにもみえます。
粘土に触れると、粘土と私の身体が指先を通して様々な反応を起こしながらかたちができていきます。
水が粘土の表面にぶつかって、表面が削れていく様子を身体で感じながら、小さな突起や凹みを大切に選びながら、捨てながらかたちをつくっています。
会場ではこれらの「Ples」シリーズを壁に立てかけて展示します。
粘土と作家の、小さくて大切な関わりを是非ご覧ください。


<作家紹介>

廣野 晶 HIRONO Aki

1984 大阪生まれ
2003 大阪府立港南高等学校美術科 卒業
2007 大阪教育大学小学校美術 卒業
    舞洲陶芸館補助アルバイト(大阪)
    大阪教育大学小学校・中学校過程美術卒業制作展(窯工芸)海岸通りギャラリーCASO(大阪)
    大阪教育大学大学院教育学研究科美術教育専攻 入学
    大阪教育大学窯工芸研究室グループ展elec あじさいギャラリー(三ノ宮)
現在  大阪教育大学大学院窯工芸研究室 在籍
    大阪府立貝塚高等学校 非常勤講師(陶芸)

hirono aki廣野 晶 - 展示風景はこちらよりご覧頂けます。