CAT-O-RAMA CATLAMP



<作品紹介>

CAT-O-RAMAは今回、身の回りにある様々な情報を「楽しむ」ためのインタラクションデザインを提案します。

1階ではたくさんのモーターによって構成されるインタラクティブ・ディスプレイが屋外の風やインターネット上の情報の流れをダイナミックに可視化します。
2階にはテーブルの上に収まる小さなガジェットを置き、観客の振る舞いや環境情報に応じて心地よい揺らぎを観客に与えます。

人間の振る舞いから自然環境まで、電子的に変換された情報が相互に作用する可能性を検証し、
そうした様々な情報のインタラクションが持つ魅力を提示します。


<作家紹介>

CAT-O-RAMA

・真下 武久 MASHIMO Takehisa

1979 東京生まれ
現在、奈良在住。アーティスト。
インタラクティブ・インスタレーションや、
インターネットや携帯電話を使ったコミュニケーション作品を主に制作。
また多くのコラボレーション制作を行い、 2007年には脳波によって映像をコントロールする作品
「Horizontal/Vertical」、携帯電話によって肩凝りの日記をつけ、
音楽に変換できるサービスを作品として提案した「Bodyphonic」などを発表。
http://www.iamas.ac.jp/~mashim03

・神里 亜樹雄 KAMISATO Akio

1979  沖縄生まれ現在、京都在住。アーティスト。
映像を食べるための「Jelly TV System」や映像を蒸発させるための「Drop」 など
物質と映像のもつ現象性との関係をテーマにインスタレーション作品を制作。
"踊る美術家"伊波晋とのユニット「いちごはんさむ」でも活動中。
http://www.iamas.ac.jp/~akio03

・古舘 健 FURUDATE Ken

1981  神奈川生まれ
アーティスト、プログラマー。
映像、音響、インスタレーション、イベントのオーガナイズなど様々な形態で活動を行う。
純音とも呼ばれるサイン波を用いて、不特定多数の人々が参加するプロジェクト
"The SINE WAVE ORCHESTRA"の主催者として横浜トリエンナーレをはじめ、国内外、様々な国際展にて作品を発表。
710.beppoとしてsonar sound tokyo、metamorphoseなどのフェスティバルにVJとして参加。
坂本龍一氏と高谷史郎氏による"LIFE - fluid, invisible, inaudible ..."や、2006年以降のsoftpadの制作にプログラマとして参加。

展示風景CATLAMP - 展示風景はこちらよりご覧頂けます。