上峯敬・古館健|それで私の蕪はどこにあるのだろう? / 蕪はすごくいいんだけど


<作品紹介>

DVDレーベル"SOL CHORD"よりプライベート映像を用いたサイレント作品「静カノ海」を発表している上峯敬。
主にThe SINE WAVE ORCHESTRAのメンバーとしてサウンド・アートのフィールドにて活動を行っていた古舘健。
これまでライブパフォーマンスという形では共演したことのある2名ですが、共同制作は今回が初めて。
"浮遊" "植物" "群れ"等をキーワードに、AD&A galleryにて一週間の滞在制作を行い、インスタレーション作品を発表いたします。

<作家コメント>

その感覚 - 曖昧でありつつはっきりとした質量を持つその感覚 - の輪郭線を描くこと。
輪郭線は多次元の平面をなぞり、結果として「それ以外」を塗りつぶしてしまう。
塗りつぶされた空間はその不在によって「その感覚」そのものを表し得る。

<作家紹介>

上峯 敬
1981年 鹿児島生まれ。映像作家。京都在住。
2005年、DVDレーベル"SOL CHORD"より、北海道で撮影を行ったサイレント作品「静カノ海」をリリース。
2006年には、映像記録制作チームREM SKETCH「魂戯れの記憶の記録」の制作に参加、同作を2007年3月にAD&A galleryにて展示。
http://u.the-na.be/

古舘 健
1981年 神奈川生まれ。サウンド・アーティスト、プログラマー。滋賀在住。
主にThe SINE WAVE ORCHESTRA(S.W.O.) として活動。
横浜トリエンナーレをはじめ、国内外、様々な国際展にて作品を発表。
現在、山口情報芸術センターにて展示中の坂本龍一氏と高谷史郎氏による作品「LIFE」の制作にプログラマーとして参加。
http://anag.the-na.be/