`葭村太一 Imitation or mimic

葭村太一 Imitation or mimic

2021.1.16(sat) - 2.7(sun)

入場:500円

1drink付

※頂きました入場料の半額は作家へお渡しします

会場:千鳥文化ホール

大阪府大阪市住之江区北加賀屋5-2-28

展示概要

世界が大きく変わった一年が暮れ、新たな年を迎えました。 新年を飾る展示として、彫刻家・葭村太一の個展を開催致します。 大阪の芸術文化環境を創造する「おおさか創造千島財団」が 昨年北加賀屋でオープンさせたシェアスタジオ 「Super Studio Kitakagaya」には 葭村をはじめ多くの若いアーティストが入居しています。 コロナ禍において多くの業種の方が難しい状況にある事と同じように、 アーティストも発表の場の減少や制限など、 作家活動に多大な影響を与え始めています。 しかし今禍においてもスタジオで制作に取り組み、 作品を通して未来を提示しようとするアーティスト達は 私達に自分の意識外にあるもうひとつの世界を想像させてくれます。 遠い場所へ移動することが出来なくても、 同じ北加賀屋にいる多くのアーティストが手を動かしていると知覚することで あなたの世界は拡がるかもしれません。 そう期待し、おおさか創造千島財団の協力の下で本展覧会を開催致します。
ぜひ、ご覧ください。

2020年11月12日、千鳥文化を訪れたとき、 2階の小部屋に描かれた落書きが目に止まった。

憶測だが、描かれた落書きは子供が描いたものだろう。 当時この落書きを描いた子は今幾つになって何をしているのだろうか。 そしてどんな気持ちでこの落書きを描き、 その後どうなったのだろうか。

私はこの落書きの「奥行き」を想像してみた。 ここで言う「奥行き」というのは、 物体としての奥行き、歴史的な奥行きなど、 可視化できるものやできないものすべてをイメージする。 奥行きは考えれば考えるほど、 そこには不確かなものが現れ、 それは正解でも不正解でもない。

私は落書きを模倣することによって、 それの奥行きを可視化することにした。

葭村太一

展覧会によせて

千鳥文化から徒歩5分程度、名村造船跡地のはす向かいに、 13のアーティストとクリエイターによるシェアスタジオを 主たる機能とするSuper Studio Kitakagaya(SSK)はある。 創作活動が仕事になりにくく、それをサポートする環境も 不足している状況を改善すべく、2020年6月頃から始動した。 始動後は、入居者たちの創作活動に触れられるオープンスタジオ等を 定期的に開催する計画であったが、感染症対策が必須になった現在は、 それが困難な状況となった。 オンラインでのスタジオ公開や各入居者の発表の場において、 SSKでの創作活動が少しずつ世に出はじめてはいるが、 肝心の北加賀屋では、今回の葭村太一の個展が初めての機会となる。

葭村は大阪芸術大学のデザイン科を卒業後、 独学で木彫を始めたという。 数百~1トンレベルの巨大な木の塊を、 スケッチでも描くような軽やかさとスピードで扱い、 作品に仕上げていく。モチーフの構成には反骨精神も顔を出し、 状況に反応しながらも規範に縛られない発想で、 素朴な問いをインパクトある作品に昇華させる力がある彫刻家だ。

千鳥文化は、元住民によって増築が繰り返された形跡を あえて残すようにリノベーションされた場所だ。 その過程はすでに多くの媒体で紹介されているが、 この、千鳥文化のありようと、 葭村の創作姿勢は通じるものがあるように思う。 葭村は今回、千鳥文化のある部分から発想した新作を制作・発表する。 まちや建物に刻まれた時間と作り手たちの営為が折り重なり、 北加賀屋らしい化学反応が見られるだろう。

一般財団法人おおさか創造千島財団

小出 麻代

葭村 太一

1986年兵庫県生まれ。2015年から独学で木彫を始める。制作過程は、木を彫るという古典的な行為ではあるが、木彫だからこそ表現できる可能性を探っている。近年は身の回りで起きた出来事や見た光景をインプットし、それらの本質を自らの視点で屈折させた作品を制作している。 主な展覧会に、2020年個展「REACTION」(vou/京都)、2019年「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019」(記念碑台/兵庫)、個展「換喩生態学」(創治朗-Contemporary Art Gallery / 兵庫)、2017年「 F The Art World 」(チェルシー / NY)、2016年「空想ミュージアム 」(成安造形大学 / 滋賀)など。

《錦鯉ヘッド》 2019

《錦鯉ヘッド》 2019
六甲ミーツ・アート芸術散歩2019
撮影:高嶋清俊

《換喩生態学》 2019

《換喩生態学》 2019
創治朗-Contemporary Art Gallery
撮影:田中将平

《ヘラクレス大兜》2016

《ヘラクレス大兜》2016
F The Art World
撮影:田中将平